治療前に様々な事を調べて勉強しよう


歯並びが悪いと色々な面で辛い思いをしたりしますよね。『歯並びが綺麗で笑う時に思い切り笑いたい!』と思う事一度や二度ではないはずです。ただ、歯科矯正をするにあたり金銭面精神面本当に大変なので、行う前には色々調べて準備をする方が良いと思います。 金銭的には正直お手頃価格とは行かず、矯正を始めれば期間は本当に長くなります。始める年齢にもよりますが、年齢的な事では親知らずを抜いて余裕をもたせてから歯を整えたり、人によっては歯茎の中にある親不知を抜いたりもします。 表側の歯の表面に装置を付けてワイヤーを通して徐々に整えるように進めるので話しずらくなり発音もしずらく、装置が口の粘膜を傷つけて痛くなることもあります。痛さから途中心が折れかけてしまって投げ出したくなることもあると思います。歯磨きも相変わらずしにくいので、歯肉炎等の炎症になるリスクも生じます。総合的な面を考えると、本当に根気と忍耐力が必要となってきます。


image

あきらめない!今は凄く良くなってるから!


色々とリスク面をお話ししましたが、今は医療も進んでいるので、歯の裏側から整える装置が出来たり期間も短めで終わらせられる矯正もあったりします。勿論、進めるにあたり病院に対しての不信感が出たら違う方法を考える事も勧めます。 歯の矯正が終わった後、親知らずがまだ残っているなどある場合は歯の裏側からワイヤーを付けて後戻りしないような処置をしたり、途中メンテナンスに通ったりするとは思いますが、歯並びが綺麗になった時の感動は計り知れません。長い期間を歯を食いしばって頑張った甲斐があるというものです。歯並びが悪いままで噛み合わせが悪いと健康面でも悪くなる場合があるので、歯並びが良く噛み合わせが良いというのは様々な面から考えると治すべき要素なのかもしれません。 勿論、歯科矯正をする為には家族の協力、自分の気持ちが大事になって来ますので、途中で投げ出すと病院との相互関係にも支障をきたすことにもなりますので、笑顔のミライの為にも頑張って欲しいと思います。